自然住宅

  • 郷の家 シンプルを極めた本物の無垢材規格住宅
  • 自由設計 自由に夢を語り合い、カタチにする
メニュー 資料請求・お問い合わせはこちら
ABILITY

性能について

耐震

震度6 強にも耐えた。
実際に2 度の震災に耐えてきたからこそ、理論以上の自信を持って提供できる。

耐震技術

「地震に強い」壁倍率国土交通大臣認定3.3倍

在来工法の点で支える「筋交い」と比べ、面で支えるパネル工法は強さが3.3倍。これにより、開口部を大きくとることができ、大空間の家づくりが可能になりました。

わたしたちの軸組パネル工法

第三者機関によって何十体もの実大試験を繰り返し、国土交通大臣認定を取得。

■「実際に命を守ったわたしたちの住宅」大地震にもビクともしなかった驚異の耐震性能

新潟県中越大震災[長岡地区:震度6強]

平成16年10月23日17時56分に新潟県中越地方において、M6.8の「新潟県中越大震災」が発生。集落内で唯一「被害のなかった」建物として話題を集め、NHKでも3度取り上げられました。

写真/灯油タンクやエアコンの室外機が倒れているが、建物・構造部分には全く影響は見られない。地割れが改良地盤でとまっている。(平成16年9月完成)

新潟県中越沖地震[新潟県中越沖地震:震度6強]

平成1 9年7月1 6日1 0時1 3分に新潟県上中越沖を震源とするM6.8の「新潟県中越沖地震」が発生しました。中越地方では中越地震以来のM6以上および震度5以上の地震となりました。

写真/タンスは倒れているが、内装は壁紙にシワひとつ入らず、構造部分や外観にも影響は全く見られなかった。地割れが地盤改良部分との境目でしっかりと止まっている。(平成18年11月完成)

床下構造

耐震は壁だけではない
床構造は一般在来の3.7倍

「地震に強い住宅」は主として壁の強度が挙げられますが、実は床も同じくらい大切です。大引を通常の2倍の間隔で配置し仕口で組みます。地震の揺れに床と壁でしっかりと支えるからこそ、中越大震災のような大地震にも耐えられるのです。

1階床構造

2階床構造

■床・壁が強いから大空間がつくれる。空間体積も1 . 5 倍!