自然住宅

  • 郷の家 シンプルを極めた本物の無垢材規格住宅
  • 自由設計 自由に夢を語り合い、カタチにする
メニュー 資料請求・お問い合わせはこちら
ABILITY

性能について

健康

無垢材は暮らしを変える。
木の家に住むと健康になる。それにはちゃんと理由があります。

わたしたちは「無垢=健康」を論理的に実証しています。

無垢材

無垢材の空気層は断熱材の役目

冬の朝の廊下を想定し、床の冷たさの実験を行いました。
新建材のフローリングと無垢床材を冷凍庫に入れておき、取り出した時の表面温度を計測。無垢材の温度は8℃、新建材は−2℃、その差は10℃もあります。空気層を含んだ無垢材は断熱材の役目を果たし、表面温度が下がりません。対して新建材の方は、空気層を潰してしまっている為、断熱効果もなく冷たいままです。この冷たさが人の体熱をうばってしまいます。しばらくすると、新建材の方は結露が起こります。これが長年続くことで、カビ菌や木材腐朽菌が繁殖し木材を腐らせ、人間の健康をも蝕んでいくのです。

「温度20℃以上、湿度70%以上」で
カビ菌が発生・繁殖

“湿気を吸わない新建材の部屋”と“調湿作用のある無垢材の部屋”をイメージした容器を用意。同時刻に同じ量のお湯をそれぞれに入れ、湿度の変化を観察しました。2時間後、双方共に同じ室温なのに対して、湿度は30%以上の差が生じました。これは無垢材が容器内の湿気を吸収した為に起こった現象です。「温度20℃以上、湿度70%以上」の環境はカビ菌を発生・繁殖させます。よって新建材の部屋はカビの繁殖しやすい住まいと言っても過言ではありません。

[新建材の部屋]
調湿作用がないため湿気で容器がくもっている。

[無垢材の部屋]
調湿作用のおかげで容器内は快適な状態。

カビの繁殖がアトピー・ぜんそくの原因

湿度の違いが菌を繁殖させることを証明する実験を行いました。
「新建材の部屋」と「無垢材の部屋」を模した水槽をそれぞれ用意。食パンを一切れずつ入れ、経過観察。10日後には、新建材の部屋の食パンにだけカビが繁殖しました。湿度の高い部屋はカビ菌を繁殖させ、その死骸や糞が飛散し、吸入することで人体にアレルギー反応を起こすのです。無垢材が持つ調湿作用がカビ菌の繁殖を抑制し、アトピー・ぜんそくを緩和させる効果があります。
無垢材のもつ保温性と調湿作用が健康に住まう大きな要因となっているのです。

実験開始から4日目、新建材の食パンにはカビが斑点状に発生。6日目には全体に広がった。無垢材は1 4日経過してもカビの発生は確認できなかった。

珪藻土入り環境クロス

空間に調和し、健康面にも配慮した安心安全な環境クロス。

多孔質で呼吸する珪藻土は、その細かな孔によって調湿を行い、脱臭能力にも優れた素材です。
また、ナチュラルな木肌色、古民家調など無垢住宅のどんな雰囲気にも合うオリジナル色を厳選。決して飽きのこない環境クロスです。

ホルムアルデヒド吸収分解ボード

壁下にはホルムアルデヒドを吸収分解するボードを採用!

壁紙の下地にはホルムアルデヒドを吸収し分解する「ハイクリーンボード」を施工。合板などから放出されるわずかなホルムアルデヒドも除去することで室内の空気をきれいに保ち、ずっと木の香りが漂う空間にします。

■石油化学製品( 新建材)の住環境では悪影響が!

医学研究用の150匹余りの子マウスを、木、金属、コンクリート (コンクリート造)のそれぞれの巣箱で飼育したところ、2 0日後の生存率は木の箱では85%であったのに対し、金属の箱では41%、コンクリートの箱ではわずか7%でした。
ただし、実験時、金属の箱の厚みがコンクリートと同等でなかったため、同等の場合、さらに金属の箱のマウスは、生存率を下げたと思われます。

出典: マウスの仔の生存率と発育曲線(初夏時の温暖期)
伊藤ら:静岡大学農学部研究報告(1987)のデータを図化したもの

・木製巣箱(木造)

・金属製巣箱(鉄骨造)

・コンクリート製巣箱
 (コンクリート造)

どうして!?体から熱を奪う「冷輻射」がその原因。

冷たいと感じるコンクリートの箱の中では、自然と体から熱を奪いとられてしまうため、
必要な体温が保てなくなる。

■ホルムアルデヒド気中濃度が1 /5の数値

[お客様の感謝の声・新潟県胎内市 E様]

家を建てたのは8年前。50件以上もの見学会や展示場を見て回りましたが、当時2歳の息子がぜんそくで、どこに行っても咳き込んでしまいます。
しかし自然住宅だけは全く咳がでない。家族の健康が決め手になりました。以来、子どもたちにとってリビングは「体育館」、冬でも裸足で縄跳びやプロレスをして元気に暴れています(笑)
今年は念願の薪ストーブを設置しました。外が氷点下でも室内は27℃、朝起きた時でも2 0℃位ありますから冬の朝がつらくありません。今でも木の香りがしますし、本当に一つも不満が無いのは不思議な程です。

監修:
福岡大学須貝研究室
測定器具:
ホルムアルデヒド検知器(理研計器(株)製FP-30、0.005〜0.400ppm、
ポンプ吸引式・試験紙光電光度法、厚生労働省認定品(指定番号1501))