自然住宅

  • 郷の家 シンプルを極めた本物の無垢材規格住宅
  • 自由設計 自由に夢を語り合い、カタチにする
メニュー 資料請求・お問い合わせはこちら
ABILITY

性能について

省エネ

キーワードは「断熱」と「遮熱」。
暖冷房器に頼る前に住宅性能を見直せばわずかなエネルギーで快適空間に。

高断熱

極寒にも強い独自の断熱材は30倍発泡

南極の昭和基地でも使用され、約4 0 年間全く劣化がみられなかった。高性能な断熱材・ビーズ法ポリスチレンフォームを床や壁に隙間なく充填。主に新築の床下や壁内に施工します。もっとも断熱性能が発揮される3 0 倍の発泡倍率により、真冬でも暖房器1台で快適な生活を約束します。

[新築]床下
ビーズ法ポリスチレンフォーム 75mm厚

30倍が一番断熱性能が高く、100kg乗せても耐えられるほど硬い。

わたしたちは他にも施工に合わせた高性能断熱材を使用します。
冷凍倉庫などで使用される特殊な断熱材、硬質ウレタンフォームもそのひとつ。液状の断熱材を現場で直接吹き付け、わずか数秒でふくらみ、どんなすき間でも入り込んでしっかりと断熱してくれます。主に新築工事の壁内、リフォーム工事の壁・天井内に施工します。

[新築・リフォーム]壁断熱材
硬質吹付けウレタン60mm

冷凍倉庫などに用い現場吹付け時は細部の隙間を埋めてくれます。
高性能断熱材。

古い家屋でもしっかりすき間を埋めてくれます。

[リフォーム]床断熱材
ミラネクストラムダ 50mm厚

主としてリフォーム工事の床断熱材として用います。段差の気になる住宅でも、根太間にすき間なく入り込みしっかり断熱。

[新築・リフォーム]屋根断熱材
フェノバボード63mm

主としてリフォーム工事の床断熱材として用います。段差の気になる住宅でも、根太間にすき間なく入り込みしっかり断熱。

高遮熱

真夏でもクーラーいらず遮熱シートで
赤外線を96%カット

屋根や壁にアルミ遮熱シートを設置することで、太陽からの放熱( 赤外線)が建物の中に入る前に反射し、室内の温度を低く保つことができます。日中で平均5℃以上の熱を遮ることができるので真夏でもクーラーが要りません。

真夏日には屋根の表面温度は、80℃以上にもなりますが、室内側は涼しく快適。

家全体を覆うことで室内温度が上がりません。クーラーをつける必要もなくなります。

■わたしたちの断熱・遮熱性能は大学教授まで驚かせた!
福岡大学 須貝高教授に自然住宅の住宅性能を検証していただきました。

外気熱を入れない工法[夏期](8月計測)

ガラスの最高温度は4 4℃( 一部のみ)である。
屋根の断熱化はしっかり施工されており、いずれからも熱は室内側に入ってこない。

内気熱を逃がさない工法[冬期](1月計測)

天窓の最低温度は19.5℃。他の天井面の温度は26.5℃。天井面の断熱化は、丁寧に施工れさており、完璧である。

—夢ハウス施工物件の熱画像 2階天窓周囲—
出典:福岡大学 建築学科教授 須貝高(大学博士)「夢ハウス 施工物件の室内熱画像」

■24時間換気の落とし穴

2003年に制定された「シックハウス法」では24時間換気(2時間に1度家全体を換気)を義務化。しかし換気により冷暖房効率が激減、光熱費が跳ね上がるという結果に。 最良の解決策は、機械換気をしなくても室内の空気環境がクリーンであり、自然換気(窓の開閉)を行っても室温が下がらない、しっかりとした断熱・遮熱処理を行うことです。